So-net無料ブログ作成
<

芋の葉を日傘に幼き蛙哉 [折々散歩]

 畑で伸びつつある芋の蔓に、カエルたちの雨傘になりそうな、大きな葉っぱが育っています。木の葉の陰に、幼いアマガエルが大勢おりました。

芋の葉を日傘に幼き蛙哉

彼らの姿、動き、表情は,見ていて飽きません。

IMGP0497.png

カエルと言えば草野心平氏の詩を思い出す人も多いことでしょう。
「第百階級」という詩集の題名からして、市民を意味する「第三階級」(僧シェイエス)より、いっそう格段に底辺に生きる存在への共感が根底にある。カエルは、力弱く、心優しく、底辺に生きる存在であり、詩人もまたその同類なのでしょう。

「第百階級」から一編紹介しておきます。

ヤマカガシの腹の中から仲間に告げるゲリゲの言葉 草野心平             
  痛いのは当り前じゃないか。
  声をたてるのも当りまへだらうじやないか。
  ギリギリ喰はれているんだから。
  おれはちっとも泣かないんだが。
  遠くでするコーラスに合はして歌ひたいんだが。
  泣き出すことも当り前じゃないか。
  みんな生理のお話じゃないか。
  どてっぱらから両脚はグチヤグチャ喰ひちぎられてしまって。
  いま逆歯が胸んところに突きささったが。
  どうせもうすぐ死ぬだらうが。
  みんなの言ふのを笑ひながして。
  こいつの尻っぽに喰らひついたおれが。
  解りすぎる程当然こいつに喰らひつかれて。
  解りすぎる程はっきり死んでゆくのに。
  後悔なんてものは微塵もなからうじゃないか。
  泣き声なんてものは。
  仲間よ安心しろ。
  みんな生理のお話じゃないか。
  おれはこいつの食道をギリリギリリさがってゆく。
  ガルルがやられたときのやうに。
  こいつは木にまきついておれを圧しつぶすのだ。
  そしたらおれはぐちゃぐちゃになるのだ。
  フンそいつがなんだ。
  死んだら死んだで生きてゆくのだ。
  おれの死際に君たちの万歳コーラスがきこえるように。
  ドシドシガンガン歌ってくれ。
  しみったれいはなかったおれじゃないか。
  ゲリゲじゃないか。
  満月じゃないか。
  十五夜はおれたちのお祭じゃあないか。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA