So-net無料ブログ作成
<

大雨の中を嬉しき宅急便 [友人]

今日は朝から雨で、大雨警報も発令中ですので、おとなしく家の中に閉じこもっています。
窓の外は暗いし、気圧は低いし、気分も体調もからっとしません。
と、チャイムの音がして、宅急便が届きました。
Imgp1399.jpg

なんと、高知のNさんが、早速、映画ポスターを送って下さったのです。昨日のメールのやりとりですから、こんなに早くとは思いもしませんでした。
「水濡れ厳禁」のシールとともに、ビニールで厳重にカバーされた丁寧な梱包。頑丈な段ボール箱の中には、さらに厳重な梱包。
01.jpg

はやる心で、梱包を開きます。.
「更級日記」で少女時代の作者が、おばから物語の数々を櫃(ひつ)に一杯プレゼントされ、「はしるはしる、わづかに見つゝ、心もえず、心もとなく思源氏を、一の巻よりして、人もまじらず、木帳の内にうちふして、ひきいでつゝ見る心地、后のくらひもなににかはせむ。」と、胸をわくわくさせながら先を読み急ぐ場面をふと思い出したりしています。
先日、このブログで書いたとおり、私がホテルに置き忘れたポスターは、今井正監督「橋のない川」第一部、森川時久監督「若者たち」、山田洋次監督「同胞」、野村芳太郎監督「砂の器」などでした。
IMGP1403.jpg

ところが、送って下さった箱を開けてみると、それらの他に、なんと、ジブリ関係の「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」「隣のトトロ」をはじめ、貴重な名画のポスターがどっさり。目もくらむようなプレゼントでした。
Imgp1401.jpg
Imgp1399.jpg
Imgp1395.jpg
IMGP1396.JPG

ところで、地元の岡山シティミュージアムで開かれていた「山本二三展」が、終了しました。色々な方から好評を耳にし、是非見学したいと思いつつ、機会を逃してしまいました。残念。
山本二三氏と言えば、ジブリアニメの美術監督・背景画作者として知られていますが、「未来少年コナン」が美術監督としてのデビューだったのですね。「未来少年コナン」については、我が子がまだ小さかった頃、職場の先輩のBさんに全巻ダビングして戴いたものを、しょっちゅう見ていました。
てっきり、「風の谷のナウシカ」も山本二三氏の作品と思い込み、 「山本二三展」のお土産に原画をくださったUさんに、的外れなメールを送っていました。汗顔のいたり。

「山本二三」の素敵な原画、ありがとうございます。
私も、30年ばかり前の東京在住時代、帰宅途中ふとビデオショップに立ち寄り、たまたま「風の谷の
ナウシカ」のビデオを、買いました。(レンタルという習慣がまだなかったので、
一万円を超える出費の「大人買い」でした。)
「ナウシカ」については何も知らず、宮崎監督についても何も知らず、もちろん
山本二三さんについても、何の知識も持ち合わせていないのに、たまたま手に取
ったビデオのカバーの絵に惹かれたのでしょうかね?もちろん多少の内容解説も
参考にしたのでしょうが、その時の心境は思い出せません。
でも、子どもたちも、そのビデオ、すり切れるまで見ました。登場人物の台詞も、
宙で覚えて、日常の遊びの会話の中にも登場していました。おもえば、ベータ方
式のビデオでしたから、の地にVHSのものも手に入れたり、何度もテレビ録画し
たりしたのでしょうね。ナウシカをはじめ、ジブリは、やはり特別のクオリティ
を持ったアニメだと思いますし、その価値は原画に負うところ大だと思います。
後略

何も知らぬ私をひきつけた「風の谷のナウシカ」の美術監督は、中村光毅さんだそうですね。「タツノコプロ」を中心に手がけた作品は、なじみ深いものばかり。
錯覚その2。「ナウシカ」は宮崎駿作品ではあるが、厳密には「ジブリ」ではなく、「トップクラフト」の制作。
等、にわかネット検索で、訂正がてら補足しておきます。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA