So-net無料ブログ作成
<

今日の「これなあに?」 訂正・追加版 [今日の「これなあに」?]

今日は「敬老の日」だからというわけでもないのですが、田舎に帰って来ました。そこで気づいたことがありましたので、前に書いた「これなあに?」の記事を訂正しておきます。
訂正その1
_IMG0419.jpg
このクリーム色の花、大豆だろうと思いましたが、どうも葉っぱを比べてみると、小豆かも知れませんね。田舎の畑には両方植わっていました。実が成れば分かるのですが。
念のため、大豆はダイズ、小豆はアズキです。小豆をネット検索すると、まず小豆島(ショウドシマ)がヒットするのですが---。
小豆島は、「ショウドシマ」、小豆郡は「ショウズグン」と読むのもおもしろい。weblio島嶼名辞典名には「小豆島/読み方:ショウズシマ(shouzushima)/備讃諸島に属する瀬戸内海の有人島/所在 香川県小豆郡内海町、土庄町、池田町の3町/別名 アヅキ島(アズキジマ)/位置・形状 備讃諸島の東端。カコウ岩、集塊岩、凝灰岩、安山岩からなる開析溶岩台地」とあります。古くは、「ショウズシマ」とも「アズキジマ」とも呼んだようですが、記紀(古事記・日本書紀)の時代に「阿豆枳辞摩(あずきじま)」と記されているそうですね。

訂正その2
9/15に咲いていたヒガンバナを「早咲き?」と思いましたが、もうどこも花盛りでした。
_IMG0412.jpg
こんな状態のものもあり、蕾も紅を垣間見せています。

「これなあに?」追加その1
P916813020130916_0002.jpg
鶏頭です。よくも名づけたりで、鶏のとさかそっくり。その深紅の色彩とフォルムにみなぎる生命力、頑健さは、小気味よいほどです。
_IMG0477.jpg

正岡子規の句「鶏頭の十四五本もありぬべし」を、最初に目にしたのは高校生の頃でしたが、いかにもさりげない、何の変哲も感興もないつぶやきのように、平淡な句と感じたのですが、なぜか、記憶に残りました。
病床にあって、庭に立つこともままならぬ子規の心象風景に、深紅の猛々しい鶏頭が、百四十五本も屹立している様を思い見ると、決して平淡なつぶやきとは思えなくなりました。子規は重い肺結核、私は軽い肺癌、軽重の差はあれども、何やら親近感を勝手に覚えているこの頃です。

「これなあに?」追加その2
P916813420130916_0006.jpg
次の写真を見れば、刺身のつまにも用いられる穂紫蘇(ほじそ)が連想されるでしょうか?そうです、青紫蘇の花でした。
_IMG0478.jpg

こちらは、赤ジソの花。
P916813720130916_0009.jpg

「これなあに?」追加その3
最後は、我が家の庭で取材しました。
P916817020130916_0042.jpg

綿の花が、やっと「綿花(メンカ)」になりました。
_IMG0486.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA