So-net無料ブログ作成
<

美作は海遠けれど [味覚、食材]

「美作は海遠けれど吉井川---」という歌が、確か吉井勇にあったはずだと思って、ネット検索やら手持ちの書籍やらを探ってみましたが、見つかりません。大衆向けの「吉井勇歌集」に載っていたような古い記憶がぼんやりとあるのですが、最近は自分の記憶に自信が持てません。長塚節の歌だと信じていたものが若山牧水だったり、斎藤茂吉と思い込んでいたら伊藤左千夫だったり、ということが、しょっちゅうあって、ショックを受けています。単に記憶があやふやだというだけでなく、一種の確信を持ってそう思い込んでいたことが、まるで記憶違いであることに気づくことが、しばしばなのです。気づけばまだ救われるのですが、気づかないまま思い込んでいることがどれだけ多いかと思うと、暗澹とした気持ちになります。
ともあれ、「美作は海遠けれど吉井川」と詩にも歌われた(ような気がする)吉井川の、支流の吉野川という川が、私の生まれ故郷を流れています。「四国三郎」と呼ばれるあの吉野川よりは、いくらか小規模ですが、それでも蕩々とした流れは「母なる川」の懐かしさと美しさをたたえています。
私の曾祖父は、この川を往来する「高瀬舟」の船頭を生業としていた由。この高瀬舟は、室町時代以来、物流の中心を担っていたようで、流域には蔵が建ち並んだそうです。現在の林野(女子サッカーの湯郷ベルで全国に知られることになった湯郷の、やや上流の地域。作家の浅野あつこさんの地元でもあります。)は、かつては「倉敷」と呼ばれ、地名的には全国ブランドの「倉敷市」よりも先輩格に当たるようです。
いずれにせよ、「美作は海遠けれど」のフレーズの通り、海産物は稀少品でした。かつて、京の都がそうであったように、生食の魚などは手に入らず、干物や塩漬けの文化が発達したのでしょう。「京の生ダラ」とは、ありそうもないもののたとえで、京では、干ダラや棒ダラの料理が発達したことはよく知られています。
私の故郷でも、子どもの頃には生の鯖などは特別に「無塩(ブエン)」と呼んでいました(広島県北部の知人も同じような回想を漏らしていました)。つまり、鯖は、基本的に「塩鯖」として流通したわけです。
--------------------------------------------------------------------------------
今日、その故郷の生家に帰ってきました。といいますのは、後期高齢者の父が、先日胃ガンの精密検査を受け、今日その結果を聞いて、今後のことを考えようという訳でした。
この父は、青年時代肋膜(肺結核の一種)を患いましたが、療養の効あって今日まで健康を保ち、年齢以上に壮健でいてくれますが、四年前、胃がんの疑いありとの診断を受け、胃を部分切除しました。組織検査によればがん細胞は発見されず、今日まで経過も順調でしたが、今年の検査で、再度、疑わしい所見が見られたという次第。
結論としては、慌てて対処しなくても良さそうなので、しばらく経過を観察しましょう。ということで、まずはめでたし、でした。
病院からの帰途、美作市の「道の駅」で、名物の鯖寿司を買って帰りました。「名物」というのは、世間一般で認定されているかどうかは知りませんが、たまたま、私の友人の数人が、(別の機会に)揃って推すので、私も何度か買ってみているのです。

P925868520130925_0075.jpg


P925866520130925_0055.jpg
子どもの頃から、鯖寿司は、好きでした。というより、滅多に口にできないご馳走でしたが、お刺身の握り鮨よりは、なじみがありました。そもそも、美作地方の特産品ということになっています。現在では、「新鮮な生鯖を塩と酢でしめて、、、」というグルメなレシピも出回っていますが、塩鯖を塩抜きして、酢でしめるという製法が本来の姿なのでしょう。「海遠ければ」の土地ならではの名産物と言えるでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
裏山の栗が熟れて、イガごとぼとりと落ちてきています。聞くと、タイミングよく栗拾いしないと、イノシシにすっかり食われてしまうそう。
P925864220130925_0032.jpg


P925861420130925_0004.jpg
固くとがって皮膚に鋭く突き刺さるイガを、上手にかき分けて、「旬」の美味しいところを召し上がるイノシシ殿、噂に違わぬグルメでござるな。ただ、昨今、人間様との異常接近と紛争が頻発している様子、お互いに、住みにくい世になったものですな。
P925870720130925_0097.jpg

栗と言えば、童謡「里の秋」が思い出されますね。

静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろりばた

明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す

さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も 母さんと 祈ります

wikiには、こう記載されています。
「1945年(昭和20年)12月24日、ラジオ番組「外地引揚同胞激励の午后」の中で、引揚援護局のあいさつの後、川田正子の新曲として全国に向けて放送された。
放送直後から多くの反響があり、翌年に始まったラジオ番組「復員だより」の曲として使われた。
1番ではふるさとの秋を母親と過ごす様子、2番では夜空の下で遠くにいる父親を思う様子、3番では父親の無事の帰りを願う母子の思いを表現している。」
そして、小学校の教師だった作詞者斎藤信夫が、昭和16年、この「里の秋」のもとになる「星月夜」という作品を書いていたことも紹介されています。

こちらのブログに、詳しい解説がありますので、参照させていただきます。 
http://blogs.yahoo.co.jp/gojukara11/2540856.html

「星月夜」の1・2番は、「里の秋」と全く同じですが、3・4番は、こうなっていたそうです。

 きれいなきれいな 椰子の島 しっかり護って 下さいと 
 ああ父さんの ご武運を 今夜も一人で 祈ります

 大きく大きく なったなら 兵隊さんだよ うれしいな 
 ねえ母さんよ 僕だって 必ずお国を 護ります

日本が、太平洋戦争に突入する時期であったことを反映して、子どもたちに戦意の高揚を煽る内容になっていました。自らもそう固く信じて、子どもたちを戦争に送った教師の一人として、斎藤は深い悔悟にとらえられたと言います。「教え子を再び戦場に送るまい」という、戦後教師の共通の悲願は、この作者の思いでもあったでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
P925866320130925_0053.jpg
これは、スーパーとか果物屋さん等では、余り見かけることのない品種の柿です。田舎では「ヤヘイ」と呼んでいましたが、「弥平」さんにちなんだ命名でしょうか?
富有柿などの、ポピュラーな柿に比べて、あっさりしてイヤミのない味。私は子どもの頃から、この柿、好きでした。でも、お隣さんの柿の木なのです。
「桃栗三年、柿八年」のことわざとか、猿蟹合戦等の昔話とか、柿も栗も、生活に密着した果実だったのでしょう。
でも、甘くて上等なフルーツやスゥイーツが容易に口に入る現代、地味な上に手間のかかるこれらの果実は、子どもたちにとってイマイチ人気薄のようですが。


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA