So-net無料ブログ作成
<

勤労感謝の日の不思議 [今日の暦]

昔から、「勤労感謝の日」って、不思議な祝日でした。子供の頃は、誰に教えられたか、「勤労する人に感謝する日」と理解していましたが、それならなぜ、働かない子供の学校がやすみになるのか? 謎でした。

いつの頃からか、「勤労できることに感謝する日」という説明をきいて、誰に対して感謝すればいいのか?疑問でした。お上に?神に?それとも雇用者に?祝日法第2条の規定では、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨が述べてありますが、ますますわかったようなわからないような気持ちにさせられます。

で、もう少し探ってみる、古い宮中行事である「新嘗祭(にいなめさい)」 が起こりだそう。「新嘗祭」は、祭祀を司る最高責任者たる天皇が、その年収穫された穀物を神に供え、自らも初めて食すという宗教儀式です。

天皇即位後最初の「新嘗祭」は、大嘗祭(おおにえのまつり・だいじょうさい)とも、大嘗会(だいじょうえ)とも呼ばれます。

『更級日記』に「そのかへる年の十月二十五日、大嘗会(だいじやうゑ)の御禊(ごけい)とののしるに」という文章が出てきます。

[訳] そのあくる年の十月二十五日、大嘗会の御禊が催されると大騒ぎするときに

新天皇が、大嘗会に先だって加茂川に赴いて禊(みそぎ)をするという、世間が大騒ぎする一大イベントだったのでしょう。キャロライン・ケネディ女史の馬車行列以上でしょうか?そんな騒ぎにもかかわらず、信心を最優先したい作者は、初瀨(長谷寺)に詣でるために都を出発するのでした。

その新嘗祭が新暦で言うと、おおよそ今日に相当しますが、戦後GHQの意向で、天皇行事と切り離し、「勤労感謝の日」という不思議な

 祝日が制定されたのだとか。

それにしても、「勤労」をリタイアして初めて迎える「勤労感謝の日」を、どういう気持ちで過ごせばよいのか、少々複雑な心境ではあります。


午後、M先輩が、柿が採れたから、近くを通るついでにと、遠路お持ち下さいました。
こんなにたくさん。

PB23014120131123_0006_R.JPG
 
PB23014320131123_0008_R.JPG

先日お目にかかったときに、柿が豊作との話題をお聞きしてはいたのですが、、、。
孫達にもお裾分けして、美味しく戴きました。ありがとうございました。



今夜は、三歳になる孫娘の誕生日パーティーで、お呼ばれ。

指で、三歳をアピールしています。

Pb23018820131123_0053.jpg

 

久しぶりに賑やかな夕食になりました

保育園で作って下さった、三歳の手形つきアルバム。保育士の先生のメッセージもうれしい。

PB23016020131123_0025_1_R.JPG
 
PB23015620131123_0021_1_R.JPG

 


バースディケーキも可愛い女の子バージョンです。

sPB23021720131123_0082_R.JPG
 
PB23022120131123_0086.JPG

 


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 3

ryuyokaonhachioj

お孫さん3歳の誕生日おめでとうございます。
by ryuyokaonhachioj (2013-11-24 11:41) 

美美

美味しそうな柿ですね♪
お孫さんのお誕生日おめでとうございます。
by 美美 (2013-11-24 22:42) 

kaz

ryuyokaonhachioj さん、美美さん  ありがとうございます。
3歳というのは、腕白盛りで、感心するくらい、エネルギッシュですね。
by kaz (2013-11-24 23:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA