So-net無料ブログ作成
<

春 其の一 [木下透の作品]

このカテゴリーの文章は、おおむね、私自身の回想に関わるので、常体(だ・である調)で書くことにする。

木下透は、私の高校時代の筆名である。彼の作品を紹介するのが、この項の趣旨である。未熟さは、その年齢のなせる業なので、寛容な目で見てやっていただきたい。

今回は、高3の時に、「春」という同一の表題で何編か作ったソネット(14行詩)形式の詩のうちの一つだ。便宜上、其の一と名付けておきたい。

 


春 其の一  木下透

 茶色い風が吹いてはいない
かわいたチリが舞ってはいない
古新聞紙が飛んではいない
静かな静かな春の訪れ

雨 しめやかに降りそそぐ
柳の新芽 青い水玉
枯芝の焼け焦げから 濡れた緑が一,二寸
しっとりぬれた砂の間に 私はそっと素足を潜らす

私は何も失くしてしまった
古こうもり傘を伝う雨つぶ
静かな静かな春の訪れ

私はやはりひとりなのだ
いやしかし・・・重いけだるさ
静かな静かな春の訪れ


 一昨日だったか、岡山市後楽園を散歩してみた。

芝生の焦げ目が、早春ならではのアクセントとなっている。。

IMGP1549_R.JPG
 
IMGP1550_R.JPG
 
IMGP1551_R.JPG
 
IMGP1554_R.JPG
 
IMGP1559_R.JPG
 
 
 
 
 
 
IMGP1561_R.JPG
梅が盛りを迎えている。
 
IMGP1567_R.JPG
 
IMGP1569_R.JPG
 
IMGP1570_R.JPG
 

元町議(平成の大合併前)のAさんにネコヤナギをいただいた。
その肌触りの柔らかさは、孫達もお気に入りのようだった。
X_5_3713_R.JPG
 
X_5_3716_R.JPG
 散歩中に見つけることもできた。
P221402120140221_811_R.JPG
 
P221402220140221_812_R.JPG
 
 

 


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA