So-net無料ブログ作成
<

仰々し 仰々しとや  行行子 [折々散歩]

 
自宅の近辺で、シギ・チドリが見られるスポットがあると教えていただいて、昨日の仕事帰りに来るまで偵察してみました。
残念ながら、こんな鳥や、、、、
 
IMGP0457_R.JPG
 
こんな鳥には会うことができましたし、
IMGP0463_R.JPG
 
_P_K2300_R.JPG
こんな鳥が上空を舞っていましたが、お目当ての鳥には会えませんでした。
_P_K2243.jpg
 
 
ちょっと欲求不満でしたので、寄り道をして、久しぶりに児島湖畔を歩いてみました。
長く堤防工事をしていて、通行するのがはばかられたのですが、工事はすでに終わっていました。
風が少し強くて、湖面に波が立ち、水も濁っていましたが、まずまずの眺めです。
水質汚濁で全国ワースト上位のにランクされる湖沼として、不名誉な記録を続けている児島湖ですが、四季折々の景観は美しいと思います。
対岸の山々を新緑が彩り、五月の風に裏葉が輝いています。
_P_K2468_R.JPG
 
IMGP3960_R.JPG
湖面にきらめく西日。
_P_K2469_R.JPG
遠景
_P_K2474_R.JPG
「女軍の戦」で知られる城趾・戦跡がある常山がそびえます。児島富士とも呼ばれます。
_P_K2480_R.JPG
木杭が何やらゆかしい湖面です。
_P_K2498_R.jpg
 
_P_K2503_R.JPG
遠くに工業地帯も見えます。トンビが、大きな獲物をゲットしました。
_P_K2571_R.jpg
 
_P_K2573_R.jpg
 
路傍に咲いている可憐な花は、野茨(ノイバラ)の花でしょうか?
_P_K2340_R.JPG
茨の花に会うと、与謝蕪村の句が思い出されます。
花いばら 故郷の路に 似たるかな
路たえて 香にせまり咲く いばらかな
愁ひつつ 岡にのぼれば 花いばら
 
子規が高く評価し、萩原朔太郎が次のように評している蕪村の句は、確かに近代的叙情に通じる詩情を感じさせます。
「愁ひつつ 岡にのぼれば」などは、少年期の私にも無条件に共感される境地でしたもの。「メランコリー」という奴ですね。春愁でしょうか、若さ故の憂愁でしょうか?はたまた、シルバー入門中の私には、「老愁」という言葉で表される心境がより近しいかも知れませんが
僕は生来、俳句と言うものに深い興味を持たなかった。興味を持たないというよりは、趣味的に俳句を毛嫌いしたのである。何故(なぜ)かというに、俳句の一 般的特色として考えられる、あの枯淡とか、寂(さ)びとか、風流とかいう心境が、僕には甚だ遠いものであり、趣味的にも気質的にも、容易に馴染(なじ)め なかったからである。反対に僕は、昔から和歌が好きで、万葉や新古今(しんこきん)を愛読していた。和歌の表現する世界は、主として恋愛や思慕の情緒で、 本質的に西洋の抒情詩とも共通しているものがあったからだ。
 こうした俳句嫌いの僕であったが、唯一つの例外として、不思議にも蕪村だけが好きであった。なぜかと言うに、蕪村の俳句だけが僕にとってよく解り、詩趣 を感得することが出来たからだ。今日最近にいたって、僕は漸(ようや)く芭蕉や一茶(いっさ)の句を理解し、その特殊な妙味や詩境に会得(えとく)を持つ ようになったけれども、従来の僕にとって、芭蕉らの句は全く没交渉の存在であり、如何(いか)にしてもその詩趣を理解することが出来なかった。それ故に僕 にとって、蕪村は唯一の理解し得る俳人であり、蕪村の句だけが、唯一の理解し得る俳句であったのだ。(「郷愁の詩人与謝蕪村」より 青空文庫)

 ところで、堤防脇の小道を歩いておりますと、ヨシ原の茂みから甲高いさえずりが聞こえてきます。
 この声は聞き覚えはあるのですが、何者か正体をつかめない謎の声でした。
この声を、昔の人はどう聞きなしただろうかと想像するも、私の想像力の範囲を超えたかまびすしさ、賑やかさです。
ヨシ原を執念深く観察しながら歩いておりますと、やっと、声の主の姿が見えました。
 

_P_K2346_R.JPG
 
 
_P_K2357_R.JPG
 
_P_K2370_R.JPG
 
_P_K2375_R.JPG
 
_P_K2385_R.JPG
 
 _P_K2437_R.JPG
_P_K2392_R.JPG
 
_P_K2382_R.JPG
トリミングしてみますと
_P_K2372.jpg
 
 
_P_K2522_R.JPG
 
_P_K2531_R.JPG
 声を振り絞って囀っています。
_P_K2426_R.JPG
 
活動場所や見た目の類似から、すでに見知ったオオジュリンかと思っておりましたが、帰宅後ネットで調べてみますと、どうも鳴き声が一致しないと感じました。
鳥の鳴き声の「ききなし」をまとめたこのページを参照させていただくと、「仰々しい、行行子」という仰々しい鳴き声は、まさしくあの謎の声の主にぴったりと思えます。web上にある「オオヨシキリ」の写真を参照しても、ほぼ間違いないと思うのですが、いかがでしょうか?
そう言えば、確かに草野心平のこの詩では、「行行子」と書いて「ヨシキリ」と読ませていました。「ギョウギョウシ」という鳴き声からの名付けだったのですね。

富士山   

ー作品第肆ー 
川面(かわづら)に春の光はまぶしく溢れ。
そよ風が吹けば光たちの鬼ごっこ
葦の葉のささやき。
行行子(よしきり)は鳴く。
行行子の舌にも春のひかり。
 
土堤の下のうまごやしの原に。
自分の顔は両掌のなかに。
ふりそそぐ春の光に却って物憂く。
眺めていた。
  
少女たちはうまごやしの花を摘んでは
巧みな手さばきで花環をつくる。
それをなは(縄)にして縄跳びをする。
花環が圓を描くとそのなかに富士がはひる。
その度に富士は近づき。
とほくに坐る。
 
耳には行行子。
頬にはひかり。 

 ちなみに「うまごやしは」シロツメクサつまりクローバーですね。二から三日前の朝散歩で写したシロツメクサをUPします。
_P_K1978_R.JPG
 
_P_K1976_R.JPG
 
_P_K1973_R.JPG


お名前は?_
水辺に咲いていますからねえ。 「キショウブ」でしょうか?

 
 
_P_K2297_R.JPG
 
_P_K2513_R.JPG
これが「ギシギシ」 でしょう。
_P_K2413_R.JPG
 これが「イタドリ(虎杖)」。
_P_K2588_R.JPG
 
_P_K2591_R.JPG
 
前回記事で話題にした草を、同じ場所(児島湖畔)で見つけたのでついでにアップします。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA