So-net無料ブログ作成
<

梅雨はじめ紫陽花色の淡きこと [折々散歩]

紫陽花の季節です。

この季節になると浮かんでくるフレーズは、「紫陽花色のものの降るなり。」という詩句。三好達治のこの詩の一節です。

乳母車
      三好達治

  母よ――
  淡くかなしきもののふるなり
  紫陽花いろのもののふるなり
  はてしなき並木のかげを
  そうそうと風のふくなり

  時はたそがれ
  母よ 私の乳母車を押せ
  泣きぬれる夕日にむかって
  轔々と私の乳母車を押せ

  赤い総ある天鵞絨の帽子を
  つめたき額にかむらせよ
  旅いそぐ鳥の列にも
  季節は空を渡るなり

  淡くかなしきもののふるなり
  紫陽花いろのもののふる道
  母よ 私はしってゐる
  この道は遠く遠くはてしない道

          三好達治  「乳母車」 『測量船』


三好達治については、以前、達治忌にちなんで書いたこの記事でも触れました。

それにしても、わかったようでわからないのが、空から降ってくる「紫陽花色のもの」とはなあに?

若い母が押す乳母車に乗った幼い「私」の目に映る、透明感に輝く光のさざめきなのでしょうが、それは何色だったのでしょう?

なんとなく、深い青色をイメージしていましたが、紫陽花にもいろいろな色がありますよね。

半田山植物園の紫陽花を、いくつかアップしておきます。

PENTAXK10+AFアダプター1.7倍+RICOH XR RIKENON 50mm 1:2

IMGP0904_R.JPG
 
IMGP0794_R.JPG
 
IMGP0792_R.JPG
 
IMGP0778_R.JPG
 
IMGP0775_R.JPG
 
IMGP0774_R.JPG
 
IMGP0773_R.JPG

 
OLYMPUSE420+ズイコーデジタル 35mm F3.5 Macro

P6088996_R.JPG
 
P6089017_R.JPG
 
P6089020_R.JPG
 
P6089022_R.JPG
 
P6089041_R.JPG
 
P6089142_R.JPG
 
P6089145_R.JPG

 

オマケです。

この花は、この季節、よく目にしますが、ビヨウヤナギという名前だったんですね。

P6088974.JPG
 
P6088976.JPG
 
P6088982.JPG
 
P6088994.JPG

 

 


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA