SSブログ
<

冬のバラ [折々散歩]

何という寒さでしょう。近年にない冷え込みです。

睡蓮鉢の氷が昨日も今日も一日中溶けませんし、農業用水が流れる小川も表面を氷が覆っています。本格的な「寒」の次期でも珍しい光景です。
先日訪ねた半田山植物園には、まだ紅葉が残っていて、

_K522106_R.JPG

 

 白木蓮のつぼみもふくらみかけていました。

_K522105_R.JPG

 

そして、バラの花も咲いていましたが、さてこの寒さをどう耐えているでしょうか?

春や秋のバラに較べると、花弁や葉が傷んで色が黒ずんでいる部分があって、写真としては見栄えが悪いので、いっそ思い切ったレタッチを施してみましたら、思わぬ雰囲気が出たように思えますが、いかがでしょうか?

品種名:ピンクパルフェ 1960年作出(アメリカ)。
PC120481_R.JPG
PC120489_R.JPG

品種名 マキシム  1994年作出(ドイツ)。
PC120492_R.JPG
 
PC120493_R.JPG
 
PC120498_R.JPG
 
品種名 かがやき  1970年作出 (日本)
PC120501_R.JPG


品種名 オールドブラッシュチャイナ 1959年以前作出
PC120553_R.JPG

品種名 ミスシュバイツ 1995年作出(ドイツ)
PC120570_R.JPG


品種名 ソレロ  2008年作出(ドイツ)
PC120576_R.JPG
 

品種名 ヘンリーフォンダ 1995年作出(アメリカ)。
PC120584_R.JPG

PC1205862_R.JPG

 
ヘンリーフォンダと言えば、この方ですね。
 

黄昏 [DVD]

黄昏 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD






 



ヘンリー・フォンダ写真集

ヘンリー・フォンダ写真集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 近代映画社
  • 発売日: 2008/10/06
  • メディア: 単行本












逃亡者 [VHS]

逃亡者 [VHS]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: VHS

 

 

 

 



バラ苗 ヘンリーフォンダ 国産大苗6号スリット鉢 ハイブリッドティー(HT) 四季咲き大輪 黄色系

バラ苗 ヘンリーフォンダ 国産大苗6号スリット鉢 ハイブリッドティー(HT) 四季咲き大輪 黄色系

  • 出版社/メーカー: バラ専門店 ザ・ローズショップ
  • メディア:


 

 

 







私達の世代には、ジェーンフォンダの方が親しみがあります。ジョーンバエズとともに、ベトナム反戦運動のシンボル的存在でした。







ジェーン・フォンダ わが半生〈上〉

ジェーン・フォンダ わが半生〈上〉

  • 作者: ジェーン フォンダ
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本





ジョーン・バエズ

ジョーン・バエズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1994/11/02
  • メディア: CD


ジョーン・バエズ自伝―WE SHALL OVERCOME

ジョーン・バエズ自伝―WE SHALL OVERCOME

  • 作者: ジョーン バエズ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 単行本
 
ジョーン・バエズといえば、その透明感のある歌声が魅力でしたが、中でも、映画『死刑台のメロディ』の主題歌「勝利への賛歌(Here's to you)」が、最も記憶に残っています。
 
 『死刑台のメロディ』は、貧しいイタリア移民、サッコとバンゼッティが、現金強奪事件の犯人に仕立て上げられ、電気椅子で死刑になった実際の事件を題材にしています。
三省堂の『大辞林』にはこうありました。
 
米 国の裁判事件の一。1920年,二人のイタリア系アナーキストのサッコ(N. Sacco)とバンゼッティ(B. Vanzetti)が強盗殺人犯として証拠不十分なまま死刑判決を受けた。公正な審理を求めて国際的な抗議運動が起こったが,反共的・排外的な当時の風潮 のため実らず,27年死刑執行。その後,再審が行われ,77年二人の無罪が確定。
 
訪ねてきた新聞記者に、サッコはこう語ったと伝えられています。

「 こういう目にあわなかったら、私は誰にも相手にされずに一生を過ごし ただろう。誰も認めてくれず、ただの貧乏人として死んだろう。
だが、おかげさまで、いまは負け犬ではない。素晴らしい人生、大勝利。こんな大仕事は一生かかってもできるものじゃない。
けれど、俺たちはひょんな事から、それを成し遂げた。俺たちの命や、苦痛、そんなものは何でもない。善良な靴屋と、かわいそうな魚売りが殺されかかっているだけさ。
でも もしあなた方が、ちょっとでも、私たちのことを考えた時、あなた方は私たちのもの。私達の死の苦しみは、私達の勝利なんです」
 
 
そして彼の遺書にはこう綴られたと言います。
「息子よ  彼らは我々の体を焼くが 我々の信念は焼きつくせない それは若者に受け継がれる お前のような若者に 覚えておけ 幸福は一人占めするな 迫害される人に手を貸せ」
 
 
1927 年8月23日、二人は帰らぬ人となりましたが、えん罪を追及する声と運動は世界中に広がり、50年後の1977年7月19日、マサチューセッツ州知事のマ イケル・デュカキスは、偏見と敵意に基づくこの裁判を誤りと断定し二人の無実を宣言し、処刑日の8月23日を「サッコとヴァンゼッティの日」に定めまし た。
 
今日のオマケ。
 満開の、ユッカの花です。
 
 
PC120505_R.JPG
 
 




nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA