So-net無料ブログ作成
<

うすごおりの張りたる今日は山宣忌 [今日の暦]

明日は啓蟄というのに、寒い一日でした。

朝は、珍しく薄氷が貼っておりました。

ところで、きょうは「山宣(やません)忌」。

1928年の第1回普通選挙で無産政党である労農党から当選し、侵略戦争に反対し、唯一人治安維持法改悪に反対して奮闘していた代議士、山本宣治が、1929(昭和4)年の今日右翼「七生義団」のテロリスト黒田保久二により暗殺されました。享年39歳の若さでした。

「宇治山宣会」のホームページから一部引用させていただきます。


昭和のはじめ、京都大学や同志社大学で生物学(人生生物学)を教えていた学者出身の国会議員が暗殺されるという事件がありました。彼が39歳の時です。

 その人、山本宣治は若い頃アメリカ大陸に渡って、当時の日本には無かった「自由と民主主義」を身につけ、学者になってからも、ただ学生に学問を教えるだけで満足せず、貧しい労働者・農民にまじって世の中をよくする運動にみを投じた人でした。

 そして、やがて労農党の代表として衆議院議員に当選、代議士になってからも、戦争へ戦争へと国民を引きづって行こうとしていた政府の政策に真っ向から反対し、軍国主義者から命を狙われていたのでした。


 人々が慣れ親しんで「山宣」と呼んだその人は、宇治川のほとりにある料理旅館「花やしき浮舟園」の若主人でもあった人で、宇治の町では毎年彼の命日である3月5日、善法の墓地で「山宣墓前祭」をひらき、平和と民主主義を守るために死んでいった故人をしのび、彼の意志を受け継ぐことを誓い合う集いを持っています。

 

山本宣治についての記事は、この「宇治山宣会」のホームページや、「ほっこり京都」のこちらのサイト に詳しいので、勝手にリンクを張らせていただきます。山宣は、治安維持法の最高刑を死刑とする改悪に帝国議会内でただ一人反対し、発言を準備していたが強行採決によって阻まれ、その夜、宿舎で右翼のテロによって暗殺されたのした。

その帝国議会出席のために上京する前に、大阪での全国農民組合大会でかれはこう挨拶しました。

「実に今や階級的立場を守るものはただ一人だ、山宣独り孤塁を守る!だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が支持しているから・・・」ここで挨拶は中止させられたそうです。

この言葉は、大山郁夫の筆により、かれの墓碑銘として刻まれています。

権力は、この墓碑銘を、セメントで塗りつぶさない限り墓碑の建立を許さないという妨害を加えたそうですが、何度塗りつぶしても、いつの間にか民衆の手によってセメントがはがされ、また塗りつぶされ、、を繰り返し、1945年12月、戦後最初の追悼墓前祭で、墓石のセメントをノミではがし、墓碑は白日のもとによみがえったといいます。

このエピソードは、1960年(昭和35年)に大東映画が製作・配給した山本薩夫監督の映画『武器なき斗い』ぶきなきたたかい)のなかでも描かれていたように記憶しています。この映画の原作は、西口克己の小説『山宣』です。

山宣

山宣

  • 作者: 西口 克己
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本

 

山宣 (西口克己小説集)

山宣 (西口克己小説集)

  • 作者: 西口 克己
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 1988/07
  • メディア: 単行本

 

 

学生時代、先輩のTさんが16ミリ映写機と映画フィルムの巻かれたリールを重そうに抱えて、キャンパスを歩いておられるのに会いました。

「なんですか?」

と問うと、

「『武器なき戦い』の上映会をやるから、観に来てね」

といった具合で、観たのが最初だったと思います。

そのあと、いろいろな機会に、何度か観たことがありました。

以前、高校生向けに、こんな授業用プリントを作りかけましたが、実際には用いることなく終わり、未公開の反故となりました。

この際ご紹介させてください。


 次の文章を読んで、後の問いに答えよ。
 
 

二月二〇日は、a多喜二忌です。京都新聞の二〇一三年二月二一日付記事を引用します。
 

 「おい地獄さ行ぐんだで!」。数年前ブームになった小説b「蟹工船」の冒頭だ。きのうは作者小林多喜二が二十九歳で没して八十年の命日だった▼c虐殺だった。非合法の共産党に加わっていた多喜二は特高警察に捕まってd拷問を受け、亡くなった。変わり果てた遺体の胸をなでながら老母は「どこら息つまった。何も殺さないでもええことウ」と泣いたという▼国会議事録を調べると、宇治市出身の衆院議員山本宣治が多喜二が死ぬ五年前、国会で思想犯に対する違法な拷問を追及している。しかし政府は「断じてこれ無し」と否定した。①山宣自身は翌年、右翼に暗殺された▼多喜二の遺体は山宣のいとこの医師安田徳太郎がe検視した。「死因は心臓発作」という当局のうそをf暴こうと同志たちは大学病院に解剖を依頼したが、圧力で断られた。g弔問客は片端から逮捕された▼作家松本清張は「時代をh象徴した死」と評した。この年、日本は国際連盟を脱退し、京都大で滝川事件があった。治安維持法違反でi拘束され、死亡した人は約一七〇〇人という。多喜二が受けたすさまじい暴力とこの数字を見合わせたとき背筋が冷たくなる▼21歳のとき恋人に宛てた手紙の一節はいう。「闇があるから光がある」。無数の犠牲の上に自由と人権が保障された今の世がある。②蟹工船を再読しつつ、光のありがたさをかみしめる。 [京都新聞 2013年02月21日掲載] 

多喜二のお母さん、小林セキさんは、多喜二の代表作の一つ「党生活者」にも、特高警察に追われる愛息を心配して思いやるj純朴な、等身大の老母として登場し、そのいいじらしさ、けなげさ、k気丈さが涙をさそいます。

また、三浦綾子さんの「母」という作品も、このセキさんの目を借りて、多喜二を、そして彼が生きた時代を描いた佳作です。
 この辺まで書きかけて、そうだ、昔、高校生向けの学級通信で、多喜二忌を話題にしたことがあったっけと、探してみました。
 SHARP製のワードプロセッサで書いた文章を、後にtextファイルに変換して、保存していた物です。コンピュータといえば、NECの9801~9802といったシリーズがlゼンセイの頃で、私には③敷居が  気がして、近づくのをmケイエンしていました。ちなみに、私が初めて購入したパソコンは、「メモリ:8MB/ HDD:850MB/ OS:MS-DOS 6.2+Windows 3.1」という、隔日の感のあるスペックのものでした。

 今考えても、ワープロ専用機は、私レベルの仕事にとっては、nフソクのないo優れもののツールだったと思います。
 スイッチオンで直ちに起動する身軽さ、アナログ感覚のレイアウト、必要なときに用紙を差し込んで、p即印刷できるお手軽さ、、、。
これがq懐かしくて、生産終了から随分経った後、リサイクル店でジャンク品をrコウニュウしたこともありました。足りない「システムファイル」を、SHARP社のsエイギョウショを探し当てて注文・購入したり、印刷用インクリボンやあれこれのサプライ品を買いそろえるとt結構高くつきました。


 でも、現実には、簡単な文書を作るときでも、画像処理を伴うファイルを利用したり、いざというときにネット接続して助けを借りたり、ネットワーク上のファイルを参照したりetc.の便利さにu慣れてしまっている身では、もはやワープロ専用機に戻れないことを痛感し、結局、部屋のv隅でホコリをかぶっているわけですが―――。それでも、wifi時代w即応のワープロ専用機、xカイハツして欲しい思いはあります。ニーズはあると思うんですがねえ。


 話をもどして、昔の学級通信の記事はこんなものでした。


あー またこの二月の月か きた
ほんとうに この二月とゆ月
いやな月 こいを いパいに
なきたい どこい いても なかれ
ない あー ても ラチオで
しこし たしかる
あー なみたか てる
めかねかくもる

  一九六一年、八八才で亡くなった小林セキさんの遺品の中から、上のようなたどたどしい鉛筆書きの、一枚の紙片が見つかった。解読すると、次のような意味になるのだろう。

ああ、またこの二月の月が来た
本当に、この二月という月が、
いやな月、声を一杯に泣きたい
どこへ行っても泣かれない
ああ、でも、ラジオで 少し助かる
ああ、涙が出る
眼鏡が曇る
 

小林セキさんとは、「蟹工船」などで知られるプロレタリア作家、小林多喜二のお母さんだ。読み書きのできない小作農の娘として育ったセキさんは、五七才の手習いで、「いろは」から字を習い始めたという。一九三〇年“治安維持法違反”で投獄された我が子・多喜二に、自分で手紙を書きたい一心で。

 翌三一年、出獄後に書いた作品「独房」の中で、多喜二は、主人公にこう語らせている。

 「俺達はどんなことがあろうと、泣いてはいけないそうだ。どんな女がいようと、ほれてはならないそうだ。月を見ても、もの思いにふけってはいけないそうだ。母親のことを考えてメソメソしてもならないそうだ――人はそういう。だが、この母親は、俺が④こういう処に入っているとは知らずに、俺の好きなy西瓜を買っておいて、今日は帰って来る、明日は帰って来るといって、食べたがる弟や妹にも手をつけさせないで、しまいにはそれを腐らせてしまったそうだ。俺はここへ来てから、そのことを小さい妹の、仮名交じりの、でかいz揃わない字の手紙で読んだ。俺はそれを読んでから、長い間声を立てずに泣いていた。」
 

治安維持法を振りかざす天皇制政府・軍隊・警察権力は、「国体」の変革、すなわち絶対主義天皇制から民主主義への変革の志向を“最悪の罪”とみなして、死刑を含む重刑と凶悪なリンチによっていっさいの民主的・進歩的運動と言論の封殺をはかった。(そして、その歩みの先には、無謀な侵略戦争が待ち受けていた。)

 この弾圧を逃れるため、地下活動(非公然活動)に入って執筆活動を続けていた多喜二は、詩人今村恒夫と共に特高警察に捕らえられた。そして、激しい拷問によってその日のうちに殺害され、変わり果てた姿となって母親と再会することになった。一九三三年二月二〇日のことだった。


 検察当局は、死因を心臓麻痺と発表。遺体の解剖を妨害し、二二日の通夜、二三日の告別式の参会者を片端から検束し、火葬場まで警戒を解かなかった。
 通夜に供えの花をもって行き杉並署に検束された作家・宮本百合子は、「(小林多喜二のところへ来た人達で)留置場は一杯になっていた。少なくとも、女の室は満員だった」と記している。

  遺体のひきとりから葬儀の一部始終に立ち会った作家・江口渙は、通夜の席でのお母さんの姿を、次のように書きとどめている。
「こみあげてくる悲しさに耐え切れなくなったものか、お母さんは、小林の顔や髪になおも涙を落としながら、抑えきれない心の悲しみを、とうとう言葉に出して訴える。
『ああ、痛ましや。痛ましや。心臓麻痺で死んだなんて嘘だでや、子供のときからあんなに泳ぎが上手でいただべに――心臓麻痺なんて、嘘だでや。嘘だでや。絞め殺しただ。警察のやつが絞め殺しただ。絞められて、いきがつまって死んでいくのが、どんなに苦しかっただべか。いきのつまるのが、いきのつまるのが――ああ痛ましや。』

 お母さんはなおも小林多喜二のからだを抱きかかえてはゆさぶり、また揺さぶっては抱きかかえる。そして、あとからあとからあふれでる涙に顔を一面ぬらしながら同じ言葉を訴えていたが、突然、
『これ。あんちゃん。もう一度立てえ!皆さんの見ている前でもう一度立てえ!立って見せろ』と前身の力をふりしぼるような声でさけんだ」

 それから、三十年近くも、毎年毎年、二月が来るたびに、眼鏡を曇らせて悲しみにくれた老母の無念を、私は思わずにはいられない。ああ、またこの二月の月が来た。

この文章は、去年の2月10日付のこの記事をもとにしています。 )

 


 

プリント 解答用紙       番氏名        

問一 文章中の傍線部a~zのカタカナは漢字に直し、漢字の読みを施せ。
 

問二 傍線部①「山宣」は、「やません」と読み、戦前の労農党代議士のニックネームである。彼は、唯一人、帝国議会で治安維持法改悪に反対したが、それを憎まれて1929年三月五日、右翼に襲撃され.暗殺された。彼の墓碑には、「山宣独り孤塁を守る! だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が
支持しているから」という演説の一節が刻まれている。彼の姓名を正しく漢字四文字で書け。

   山本宣治 

 

問三 (1)傍線部②蟹工船は小林多喜二の小説の題名だが、その冒頭の書き出し部分を示せ。


おい地獄だ行ぐんだで!




  (2)また、これからどこへ行こうというのか?端的に示せ。


水揚げしたタラバガニを船上で缶詰に加工するための「蟹工船」に、低賃金・無権利の労働者として乗り組んで、ホーツク海のカムチャツカ半島沖海域に向かい、そこで命がけの過酷な労働に従事しようとしている。(あらまし、このよう内容が答えられていればよい。)
 

問四 傍線部③の空白部分に適切な語を入れ、慣用表現を完成させよ。  

    敷居が高い

 

問五  傍線部④「こういう処」とはどういうところか?文章中の最も適切な語(漢字二字)で答えよ。

   独房
 
 

 今日はここまでです。

nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA