So-net無料ブログ作成
<

一間(6尺)の大イタチ?の巻 [今日の「これなあに」?]

先月19日、上方落語の第一人者桂米朝師匠が亡くなられました。
上方の「お笑い」風の、アクの強さやくどさとはまったく対照的に、洗練された上品な高座が印象的でした。
私にとっては、運転中に車内で聴くCDの「お気に入り」の一つでもありました。
その米朝師匠の演目の一つに、「軽業」というのがあります。

特選!!米朝落語全集 第十九集 [DVD]

特選!!米朝落語全集 第十九集 [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN
  • メディア: DVD



喜六、清八という二人が、伊勢参りの道すがら、ある村に入ると、大変な賑わいで、白髭大明神の参道にの両側に、物売りの店が並んでいて、諸国の名物に人だかりができています。
横手に入るとムシロ掛けの怪しげな「見世物小屋」があり、客寄せの声に誘われて、二人は中へ入ります。
山から取れたばかりの「一間の大イタチ」
「天竺の白クジャク」
目が3つで歯が2枚の「タゲ」
など、珍しげな見せ物の正体は?

同じようなネタは、有名な「がまの油」という噺の枕としても語られます。

6代目圓生師匠のかたり口を借りますと、こんな具合です。





えェ~、やすい見世物には、
随分、いかがわしい物がありましてね、
「さァ・ごらんなさい。
ただ今、評判のこれは《ベな》である。
また見ようといって、
見られるものではない。
さァ~見ておいで
《ベな》だ」
「なんだ、《ベな》 てェのは。」
「う~ん。おい、けものかね。」
「けものじゃ~ねェ~。けものじゃないよ。 
なまえが・・《ベな》 てェんだ」
なんか、さかなの、へんな
「じゃァ、入ってみようか」なんてェんで、木戸銭を払って中に入る、と、その・・
なべが伏せてある。
竹の棒を持った人が、これを、時々叩くんですね。
カン。
「べな」
カン。
「べな」
なべが伏せてあるから、べなだって。
「さァー、見ておいで。大ザルに、小ザルだ。さァ、評判の大ザル・小ザルだよ。」
大きいザルと、、、小さいザル、、。なるほど、むこうは、猿とは、けっしていわない。大ザルに小ザルだってェ~いってんだ。猿に間違えた方が悪いんだ。
「さァ~、見ておいで。
これは評判の大イタチ。
6尺もあるおおイタチだ。
さァ~山からとれたばかり。
そばへは、寄らないで。
怪我をするから。」
中に入りますってェ~と、
・・・板が一枚あるだけ。
「どこにいるんだい、
その、イタチ、というのは。」
・・・
「そこに立てかけてある。」
「え~~。たてかけてある?」
「板じゃァ~ねェ~えか~。」
「これは、6尺ある」
「6尺、ああ。」
「まん中に血がついている。」
「う~ん。血がついている。」
「6尺の大イタチ、だ。」
板に血がついている、、、大イタチ、、、。
「だって山から捕れたばかりだって、、、。」
「こういう物は川ではとれない。」
「そばに寄ると、怪我をする、倒れると危ない、、、。」

 見せ物小屋の定番と言えば、ほかに、、、、。

「天竺の白クジャク」---、頭上に干してある天竺木綿の六尺と三尺の褌(ふんどし)、合わせて9尺(クジャク)。
目が3つで歯が2枚の「タゲ」---ひっくり返したゲタ(下駄)。
「八間の大ドーロ」---高さが八間(約14 m)の大灯篭ではなく、入り口から出口までが八間の大道路があるだけ。お帰りは八間歩いてあちら。
大ざる、小ざる---大猿、小猿ではなく、大きなざると小さなざる。
大穴子(あなご)---地面に穴を掘り、人形を入れてある。
親子のパンダ---大きいパンと小さなパンがかごに入っている。
おおかみ娘---大きく日本髪を結った大髪娘が座っている。
取れたてのかっぱ---水に濡らした雨合羽がさおの先につるしてある。
源頼朝公のしゃれこうべ---「頼朝公は大頭と聞くが?」 「頼朝公ご幼少のみぎりのしゃれこうべでございます。」
などがあったそうな。

ところで、先日の「これなあに?」
イタチではないか?とご指摘いただき、だんだんその気になっております。

_K520541.jpg
正面からの撮影なので、ふっくら、丸々としていて、確信が持てませんでしたが、ネット上で検索参照してみて、どうもご尊顔が似ておいででですわい。

 
_K520549 -1.jpg
 
日本には、「ニホンイタチ(本土イタチ)」と「チョウセンイタチ」の2種が生息していて、よく似ているそうですが、ニホンイタチは「茶褐色で、腹面は淡褐色。口元は白色」、チョウセンイタチは「背は黄色みを帯びた粘土色で額がこげ茶色。口元からあごの境にかけてくっきりした白斑がある」そうです。チョウセンイタチのほうが、尾が比較的長いのだそうです。
横から観察していれば、きっと、胴長体型だったのでしょう。尾の長さも観察できていれば、はっきり識別できたかも知れませんが、いろいろ総合してみると、これはチョウセンイタチということでよろしかったでしょうか?(この口調、染みついてしましました。)
ちょっとピンぼけですが、長い尾が少しだけ写っておりました。
昔々、NHKの子供番組で、「チロリン村とくるみの木」という人形劇がありまして、「イタチのプー助」君が登場しておられましたなあ。お声は、一龍齋貞鳳(イチリュウサイテイホウ)さんだった由。
こんな横顔だったような気がしませんか?
_K520555 -1.jpg

 ところで、この遭遇現場、はっきりイタチとわかる横向き姿も目撃したこともありますし、ほぼその近くで、この方にもお会いしたことがあるのですよ。
データの記録を確かめてみますと2010年のことでした。

IMGP9187.jpg

 

 こんななぞなぞ歌をご存じでしょうか?

いたちのたぬき

作曲・うた:栗原正巳
作詞:うちのますみ・佐藤雅彦

いたちのたぬき
かにのかとり
さんまのまぬけ
おはしのおはなし
たまごとるタマ
ふろくふとる
バナナのバトル
はちまきまきとる
きゅうりのリトル
ジュースのストロー

そのこころは、

「いたち」から「た」を抜くと「いち」
「かに」から「か」をとると「に」
「さんま」の「ま」が抜けると「さん」
「おはし」の「おは」を「なし」にすると「し」
「たまご」 の「タマ」をとると「ご」
「ふろく」の「ふ」をとると「ろく」
「バナナ」から「ば」をとると「なな」
「はちまき」の「まき」をとると「はち」
「きゅうり」の「り」をとると「きゅう」
「ジュース」の「す」をとろう。「じゅう」になるでしょ。

おみごと!座布団一枚、ですな。

おあとがよろしいようで。


nice!(49)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA