So-net無料ブログ作成
<

冷や汗も恥も掻き捨てひとりたび、の巻 [折々散歩]

旅の恥のエピソードはまだ収まりません。

高知旅行二日目。目覚めた頃は、早や、なかなかの暑さです。

この旅、往路はJRを使いましたが時ならぬ混雑で、特急自由席は、立ち客が大勢ありました。帰りは始発列車に乗れば座れるはずという判断の余裕もなく、羮に懲りて膾を吹くことにして、高速バスを使うことにしました。

前日の散歩の途中、はりまや橋前の、あのからくり時計があるデンテツターミナルビルで、高速バスの予約チケットを購入しておきました。日本母親大会の影響でしょうか、夕方の便は満席で、午後の早い便を予約することにしました。

半日の間、ゆっくり土佐観光を楽しむことにして、まずは朝食前に高知城あたりをひと歩きしてこようかと、軽装でホテルを出発。

朝日のもとでの高知城が美しいです。

R0016122

P8265546

P8265547

P8265566

P8265569

P8255533

R0016076

R0016097

R0016098

R0016101

前日も探して見つからなかった、浜田波静の句碑を探し当てたいのが。一つの目的。マップによると「杉の段」にあるというのですが、「杉の段」がわかりません。

杉の木が生えているここ?

P8255535

石碑は見つかりません。

こんな出会いはありましたが、、、、。

P8265556

P8265559

歩けど歩けど、それらしいものに行き当たりません。

暑さに耐えられず、途中、一枚シャツを脱いで、Tシャツ一枚に鳴って歩いたのですが、もう潮時、ホテルに引き返すことにしました。

見納めに、お堀のスイレンを撮影。

P8265571

P8265574

P8265576

P8265578

P8265587

P8265591

P8265592

「国宝高知城」の表示がある正門近く。

R0016116

野中兼山邸跡の碑が建てられている近くのお堀です。

P8255524

こんなトンボがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見慣れたウチワヤンマのようですが、少し小型のような気もします。高知だけにコウチワヤンマ(小団扇ヤンマ?)かなと気に掛かりました。あとで調べてみると、どうやらタイワンウチワヤンマのようですね。

おしりのうちわの部分のアップです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前近所で写したウチワヤンマとは、やっぱり形状が違いますね。

【旅の恥 極めつけ】

こんな写真を撮れたからまあいいか、と満足してホテルに向かう途中、はたと気づきました。シャツのポケットに入れていたはずのホテルの部屋のカードキーがない!慌てて、バッグの中もひっくり返して探してみますが、見当たりません。これは、城歩きの途中、シャツを一枚脱いで、しばらく手に持って歩いていました(そのあとバッグの中に入れました)が、その時に落としたに違いない。と思い当たりました。

ほとんどホテルの近くまで帰っていましたが、もう一度歩いた道を引き返し、カードキーを探して歩いたのでした。
でも、お察しの通り、見つかりませんでした(トホホ)。
仕方ない、正直にフロントに訳を話して、処理してもらおう、とすごすごとホテルに引き返したのでした。

結果、再発行料1000円で、カードを再発行していただき、ようやく部屋に入ることができました。冷や汗まじりの汗びっしょりの早朝散歩となりました。

すっかり意気消沈して、心に描いていた観光もそこそこに、帰りのバスの予約を早い便に切り替えてもらって、早々に帰途についたのでした。とんだオソマツ。

【余禄】

カード探しの途中、杉ノ段という案内板を見つけました。

P8265595

説明部分をクローズアップします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かに、浜田波静の句碑はこの辺りにあるはずです。

あたりを探ってみると、石碑らしいものはこれかな?

P8265597

近寄って、刻まれている文字を確かめようとしても、判然としません。半信半疑のままその地をあとにしました。

【後日談】

後日、ネット上にコチラの記事を見つけ、大いに教えられました。写真を見ると、どうやら同じ石碑のようですね。

高知城杉ノ段に、浜田波静(はまだはせい)句碑があります。
IMG_9037-1
仁和寺は鼎(かなえ)に古里て頭巾可那(かな)
この句碑は、昭和6年(1931)4月4日、青眼林同人によって建立されたもので、除幕式には俳誌『ホトトギス』主宰の高浜虚子(1874~1959)も出席しています。
この句は『徒然草』第53「是も仁和寺の法師・・・」から発しています。かつて京都仁和寺の僧が宴席で鼎(三本足の金属製の容器)を頭にかぶって踊ったところ、その姿が面白くやんやの喝采を受けました。ところがあとでこれが抜けなくなって大騒ぎとなり、とうとう医者にまで行きましたが抜いてもらえず、死ぬよりはましと無理矢理に引き抜いたところ、耳や鼻に大けがをし、寝込んでしまったという話です。
近頃は仁和寺の坊さんも鼎をかぶることをやめて、みんな頭巾をして行き来しているよ、といった意味の、冬の季語「頭巾」を題材とした愉快な句です。
浜田波静は現南国市前浜出身、明治3年(1870)生まれ、16歳の頃から俳句をたしなみ、慶応義塾在学中正岡子規(1867~1902)の指導を受けました。高知市で書籍商のかたわら、明治32年(1899)俳句仲間と土佐十七字会を始めました。波静ははじめ子規門下にあって活躍しましたが、のち河東碧悟桐(かわひがしへきごと・1873~1937)の新傾向俳句に進み、同派の立役者と知られました。大正12年(1923)2月27日没。54歳。



そう言えば「徒然草」の52段では、同じく仁和寺の僧が、早とちりをして失敗するオハナシがありましたね。その教訓は「先達はあらまほしき事なり」でした。

先達はありがたきものなり、の巻

の記事を、そのまま一部再掲することにします。

『徒然草』 第52段 「仁和寺にある法師」を引いて、戒めとしたいと思います。

(原文)
仁和寺(にんなじ)にある法師、年寄るまで、石淸水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。極樂寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて、「年比(としごろ)思ひつること、果たし侍(はべ)りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」と言ひける。
すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。
(地方語訳)
仁和寺におるお坊さんが、年をとるまで石清水八幡宮をお参りしたことがなかったもんで、情けなく思えて、ある時決心して、たった一人で歩いて参詣したんじゃと。ふもとの極楽寺(ごくらくじ)と高良(こうら)神社を参拝して、「これで全部じゃ」と思い込んで帰ったそうな。そして、傍らの坊さん仲間に向って、「長年、心に思っていたことを果たしましたわい。八幡様は、聞いておった以上に、尊くていらっしゃいましたぞ。それにしても、お参りする人という人が、みんな、山へ登っていったのは、何事があったのかしらん?気がかりには思うたけれど、八幡様にお参りすることがもともとの目的であるからと思うて、山上までは見なかった。」と言うたそうな。
小さなことにも、案内者は欲しいことじゃのう。

きょうはこれにて。


nice!(27)  コメント(8) 

nice! 27

コメント 8

kenrou okada

本当にお疲れ様でした。記事はおもしろかったです。
by kenrou okada (2018-09-11 21:54) 

majyo

極め付けも経験ありです。
1000円で良かったですね
私はパジャマのままフロントへ
持たないで出て、入れなくなったのです。
カードキーは便利なようで不便です。軽くて小さい
by majyo (2018-09-12 07:48) 

kazg

kenrou okada様
慰めていただき恐縮でございます。
バベ刈りお疲れ様でした、アクシデント大変でしたね。

by kazg (2018-09-12 21:49) 

gonntan

お疲れ様でした
暑かったですねぇ
私も仁和寺の僧のように、
似たような早とちりの失敗があります
聞けば良いのにねぇ
by gonntan (2018-09-12 23:17) 

kazg

majyo様
カバンに入れると取り出しにくいし、何かのついでに紛れたりおとしたりしかねない。胸ポケットならいつもありかをたしかめられるし、、、と思ったまではよいのですが、暑くてシャツをぬぐことまでは想定に入っていませんでした。その瞬間はすっかりわすれています。とほほ
by kazg (2018-09-12 23:27) 

kazg

gonntan 様
>似たような早とちりの失敗
謙虚に、知らぬことは聞くことにしようと肝に銘じてみることもしばしばなのですが、ついつい繰り返してしまいます(汗)
by kazg (2018-09-12 23:34) 

美美

チェックアウト間近のカードキー紛失は辛かったですね(^^;
でも家の鍵でなくて良かったと思いましょう。
by 美美 (2018-09-13 19:08) 

kazg

美美様
>家の鍵でなくて良かったと思いましょう。
まったくその通りです。1000円で片付いて、良かった良かった(苦笑い)
by kazg (2018-09-13 22:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA