So-net無料ブログ作成
<

野菊の花、の巻 [折々散歩]

今日の「誕生日の花」は「野菊」だそうです。


「ラジオ深夜便 誕生日の花ときょうの一句第二集」に取り上げられている句は、「足もとに日の落ちかかる野菊かな  一茶」


一昨日歩いた半田山植物園にも咲いていました。 _K520359


_K520361


_K520449


野菊と言えば伊藤左千夫の「野菊の花」を思い出すなどということを書きかけて、こんな記事を以前書いていたことに気づきました。しかも去年の冬なのに、忘れてました。


半田山植物園の鳥と花、巻


ちょっと引用します。


yakko様がこちらの記事で牧野植物園の小菊を紹介してくださっていました。
「野菊の墓」(伊藤左千夫)の一節を思いだし、こんなコメントを書きました。

「民さんは野菊のような人だ」「僕(野菊が)大好きさ」 「野菊の墓」(伊藤左千夫)の1シーンが思われる清楚な小菊たちですね。

「野菊の墓」は中学生の頃読んだ記憶があります。清涼な読後感は残っていますが、細部は鮮明ではありません。上記の場面は、学生の頃、友人たちと雑話をしている機会に、確かハチロー君(現在愛知在住の友人)だったかが、「民さんは野菊のような人だね。僕は野菊が好きだよ」といったぐあいに要約して、周囲を喜ばせたことを思い出します。最近、原典で確かめてみたら、こんな風でした。

「まア政夫さんは何をしていたの。私びッくりして……まア綺麗な野菊、政夫さん、私に半分おくれッたら、私ほんとうに野菊が好き」
「僕はもとから野菊がだい好き。民さんも野菊が好き……」
「私なんでも野菊の生れ返りよ。野菊の花を見ると身振いの出るほど好(この)もしいの。どうしてこんなかと、自分でも思う位」
「民さんはそんなに野菊が好き……道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」
民子は分けてやった半分の野菊を顔に押しあてて嬉しがった。二人は歩きだす。
「政夫さん……私野菊の様だってどうしてですか」
「さアどうしてということはないけど、民さんは何がなし野菊の様な風だからさ」
「それで政夫さんは野菊が好きだって……」
「僕大好きさ」
(青空文庫より)


今日は老父母の買い物の運転手として、郷里に帰ってきましたが、その庭にも野菊(小菊?)が盛りでした。


PB069395


PB069405


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


庭には、こんな赤とんぼがやってきていました。


_K520730


PB069401


買い物ついでに、我が家用の玉ねぎ苗(晩成)も買って帰り、夕方植え付けました。


畑の枯れ木にモズが鳴いていました。


_K520737


_K520745


トリミングします。暗いのでノイズが目立ちます。


_K520745moz


よく見ると、シッポの後ろの枝に、カミキリムシらしいものが見えますが、哀れな犠牲者でしょうか?


今日はこれにて。


nice!(30)  コメント(4) 

nice! 30

コメント 4

hatumi30331

コメント、ありがとうございました。(*^^*)
忙しくて、元気です~
by hatumi30331 (2018-11-07 05:51) 

kazg

hatumi30331様
>忙しくて、元気です~
何よりです。ご無理なさらず、時々短い近況など載せてくだされば嬉しいです。
by kazg (2018-11-07 07:37) 

yakko

おはようございます。
小菊は種類が多いですね〜
可愛く纏まって咲いているところはつい撮りたくなります(^ ^)
by yakko (2018-11-07 08:28) 

kazg

yakko様
>可愛く纏まって咲いているところはつい撮りたくなります(^ ^)
まったくです。光を浴びた加減が、また目を引きつけますね。
by kazg (2018-11-07 16:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA