SSブログ
<

小鳥の森のこれなあに、の巻 [折々散歩]

昨日8月12日、郷里の老父母を訪ねる途中寄り道して、「小鳥の森」を散歩してみました。

森の中のこれなあに?下の4枚は、皆同じ個体です。

_K523158

_K523165

_K523169

_K523172

これも識別できません。これなあに?

_K523195

次は、セグロセキレイですか?

_K523144

_K523149

モミジの青葉が透過光に映えて美しいです。

_K523212

_K523213

空にはこんな月が浮かんでいました。

_K523214


今日(8/13)の朝散歩。

正面は麦飯山方面です。

KS_14705

KS_14703

KS_14701

正面は常山。児島富士とも呼ばれます。

KS_14708

富士に月見草がよく似合うと太宰治が言いましたが、、、。

KS_14709

雀とエノコログサ(ネコジャラシ)

IMGP0164

ギンヤンマ。恋の季節です。

IMGP0177

ギンヤンマを写したつもりが,手前にイトトンボが映り込んでいました。

IMGP0176

イトトンボの姿を、散歩道(田圃のあぜ道)によく見かけます。

IMGP0192

IMGP0181

最近あたらしく修繕された歩道に、かわいいツチガエルがいました。

KS_14716

午前中、深山公園へのお出かけに着いていたのは5才の保育園児だけでした。

KS_14720

湯具で遊んだ後、赤松池に移動します。鳥さんに食パンをあげたいと言って用意してきたのですが、残念、もちろん鴨は北へ帰っていますし、白鳥やアヒルは,沖の方に移動していました。持ってきたパンは,鯉にやりました。が、他のお客達も沢山餌を与えているらしく,どうも食欲がないみたいです。小さなブルーギルの群れや、ミシシッピアカミミガメが食べに来ますが、今一つ風情が感じられません。

KS_14731

自然環境体験公園の鯉に餌やりしようかという事になって、車で移動しました。

E3132846

さすが夏休み中のこととて、家族連れの姿も三々五々見受けられます。水の流れもあり、緑は多いのですが、日光直射状態で、ただならぬ暑さです。すっかり汗をかいて早々に退散しました。

今日はこれにて。


nice!(21)  コメント(2) 

nice! 21

コメント 2

momotaro

kazg さんが分からない鳥、私に分かるわけがありません!
佳い景色の中で遊んでいるのですね、お孫さんと。暑さだけが大敵ですね。お大事に!
by momotaro (2020-08-18 06:08) 

kazg

momotaro 様
コサメビタキ、サメビタキと言った名前が頭をよぎりましたが、どうやらその辺のところかと、先輩のアドバイスをいただきました。知ったかぶっていても、いざとなると、見分けられない鳥がいっぱいあります(汗)。
>佳い景色の中で
ほんとですね、改めてみてみると、コンクリートの建造物がなく、緑がたくさん写っていますね。確かに、恵まれていると思わなければなりませんね。
by kazg (2020-08-21 02:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA