So-net無料ブログ作成
<

思いがけずセツブンソウに会う、の巻 [折々散歩]

先日(2月の半ば)、M師からいただいたメールにこうありました。

さてインフルエンザも流行しておりますので、なるべく人混みには出ずに山野を動き回っております。
鳥の写真が中心ですが、今日は家内の要求で美作市南の節分草の撮影にゆきました。
今の寒い時期からいち早く花を咲かせて春の到来を感じさせてくれます。

DSCF0792

DSCF0786

DSCF0802 


さらに、自然保護センターなどで撮影された小鳥の写真なども添えて下さっていました。


上はルリビタキ、下はサンコウチョウです。


DSCF0379


DSCF0319


そしてこう書いて下さっていました。


実家へ行かれるついでに寄られてはいかがでしょうか。着いた時に鳥の姿がなくても20分も待てば何かやって来ます。


それ以来、何度か実家には行きましたし、たった今日も行って畑の耕耘を済ませてきましたが、なかなか自然保護センターに立ち寄るチャンスにも、セツブンソウ群生まで足を伸ばすチャンスにも恵まれませんでした。


そう言えば、セツブンソウについてはずっと以前(2014-03-07)こんな記事を書いたことがありました。


故旧相和す刻愉快節分草(こきゅうあいわすときゆかい せつぶんそう)


大学時代の先輩・後輩の間柄で、大阪、西宮、岡山県北、岡山県南など、あちこちに生活の基盤を持つ同郷のメンバー七人が、落ち合って、故郷の自然探訪を楽しみました。

はじめに美作市河会(かわい)地区のセツブンソウ群生地。盛期は、実際の節分の頃だったそうですが、まだけなげに咲いていました。

P307749320140307_24_R.JPG

X_5_4274_R.JPG

X_5_4242_R.JPG

五弁が基本だそうですが、六弁、八重などの変異もみられます。

X_5_4239_R.JPG

小さな固まりの群生が、そこここにみられます。

盛期には、あたり一面を真っ白な花が覆うのだそうです。

X_5_4246_R.JPG

(中略)

湯郷温泉近くでの、心配りの行き届いたコース料理の昼食を挟んで、少し離れた田殿(たどの)地区を訪ねました。

田殿神社(清滝神社)近くのセツブンソウ群生地は、こちらの方が北に位置するせいか、今が盛りといった感じでした。雪花が舞う天候で、節分の頃にもひけをとらない寒さゆえ、むべなるかなとも思えましたが。

P307756620140307_97_R.JPG

P307748820140307_19_R.JPG


この記事で河合地区と書きましたのは、旧い呼び名です。ウィキペディアにはこんな解説がありました。


河会村(かわいそん)は、岡山県英田郡にあった

現在の美作市上山、北、滝宮、中川、南、横尾に当たる。


セツブンソウ群生地は、このうち「南」地区に位置します。


地元放送KSBTVでも このようなニュースが流れていました。


春告げるセツブンソウ見頃 岡山・美作市の自生地

02月21日 11:02 生活・話題

岡山県美作市で、春の訪れを告げる花、セツブンソウが見頃を迎えています。
美作市南の栗林では落ち葉の間からセツブンソウが小さな花をのぞかせています。
セツブンソウはその名の通り「節分の頃に咲く」とされていますが、今年は厳しい寒さの影響で開花が1週間ほど遅れました。
今は、見頃を待ちわびていた山野草の愛好家たちが連日のように訪れ、その白く透明感のある花をカメラに収めています。
美作市の里山に春の訪れを告げるセツブンソウは2月いっぱい楽しめるということです。


そのセツブンソウのことはすっかり忘れていたのですが、昨日、久しぶりに半田山植物園に出かけたところ、窓口でこんな案内地図をもらいました。


hanamap


何気なく見ると「セツブンソウ」の生育場所が案内されています。


入り口から正面を見あげるとこんな景色が見えます。


IMGP4949


IMGP4950


この階段を上って、真っ先にセツブンソウに向かいます。


P2250063


階段右側に花盛りなのは、ニホンスイセンです。


P2250164


_K524601


セツブンソウは、自生ではなくて植栽されているようでした。「群生」というには、やや小規模ですが、可憐な花がいじらしく咲いています。


_K524596


_K524599


マクロレンズで近くから写します。ただ、立ち入り禁止のロープが張ってありますので、腕を精一杯伸ばさなければなりません。


P2250025


P2250029


フクジュソウも見頃。


_K524605


_K524603


P2250031


P2250033


P2250036


黄色繋がりで、タンポポ。


P2250069


これはギンヨウアカシアでしょうか?


_K524618


_K524620


赤い椿。


P2250087


信号機じゃありませんが、青い花。


オオイヌノフグリです。


P2250041


一面に群生しています。


P2250061
季節はずれのアヤメ?


カンザキ(寒咲き)アヤメと言うそうです。


IMGP4946


続きは回を改めます。今日はここまで。


P2250066


nice!(40)  コメント(4) 

nice! 40

コメント 4

美美

セツブンソウは可愛いお花で好きなお花の一つです。
ルリビタキも見れてなんて羨ましいんでしょう。
ルリビタキの下の鳥さんはソウシチョウですね。
とっても可愛い鳥さんですが特定外来生物です。
こんなに可愛いのにっていつも思ってしまいます(^^)
by 美美 (2019-02-27 18:46) 

kazg

美美様
セツブンソウ、愛らしくて可憐な花ですね。
ソウシチョウ、私はまだ見たことがありません。
特定外来生物ですか。まだまだ稀少で、迷惑感よりも会えたら歓迎の気持ちが強いですが、、

by kazg (2019-02-27 19:46) 

momotaro

セツブンソウ 可憐ですね
いつかどこかでお目にかかりたい、敬語になってしまいますね、この花!
by momotaro (2019-03-01 05:57) 

kazg

momotaro様
まだまだ凍てついた風が吹く早春の頃から、柔らかいにツボミをふくらませるけなげさに、一層心惹かれます。
by kazg (2019-03-01 16:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA