So-net無料ブログ作成
<

マンサクの花咲く頃に生まれけり [折々散歩]

昨日「雨水(うすい)」の話題を書きました。名の通り昨夜から雨が降り始め、今日は一日、冷たい雨でした。

「コーヒーの粉がないから買ってきて」「図書館で借りた本の返却期日が過ぎているから、ついでに返してきて」と命じられ、朝食後すぐに出かけました。

図書館は会館時間前なので、返却ボックスにドサリと返却します。ほとんど幼児向けの絵本なので、大きくて重い。これは車で行きましたが、スーパーの開店時間にはまだ早いので、いったん家に帰り、車をおいて、今度は散歩で時間を調整したのち、行きつけのスーパーまでコーヒー豆を買いに行くことにしました。もちろん、コンビニなら早朝から開いているのですが、わずかでも安い方が嬉しいので。

傘を差して土手道を歩いて見ました。

 

ふと、用水路のほうを見ますと、マガモです。
コガモはよく見かけますが、マガモは、ここでは珍しい。



シロハラ。



ツグミ。



今朝も、カワセミに会いました。













 

路傍のスイセンは、長い間咲いていますが、雨にあらわれてさらにみずみずしさを増しています。







今年は、梅の名所を訪ねる機会もなかったのですが、道端の梅も捨てたものではありません。

露を帯びて、なおのこと優美さを増しています。雨の中でも香りが四方に漂います。











香りと言えば、ロウバイの甘い香りが胸に広がります。例年に比べると早い時期から咲いていたようでしたが、まだまだ蕾も見えて、今が「旬」といえるかも知れません。蝋のような透明感が、雨に濡れるといっそう際だちます。やはり、二月の雨とロウバイの花は、親和性が高いと思います。





すぐ近くに植えられているこの木は、マンサクでしたっけね。他の花に先駆けて「まず咲く」からとも、、豊年「満作」を暗示するからとも言われますが、めでたい花ではあります。

過去の記事でも、2014年2月8日付のこの記事3月2日付のこちらの記事でも、マンサクを紹介しています。


















マンサクの花咲く頃に生まれけり

「けり」は過去の助動詞ですが、しばしば、詠嘆をあらわす場合もあります。


今朝の散歩の途中、同業の先輩 緒方太郎さん(仮名)からメールをいただきました。


いわく、「助動詞の歌」をyoutubeにアップした、との由。以前、同先輩考案の「助動詞接続の歌」を、音楽好きの同僚が、当時勤務していた高校の校歌に合わせてアレンジして、高校生に歌わせたことがありました。私は、自他共に認める「音痴」ですので、ただ傍観しておりましたが、生徒たちには、学習効果大であったようです。

さて、このたびの「助動詞の歌」は、「こんな時にはこう訳す」と、助動詞の訳し方に主眼を置いた歌になっています。

今日は、そのなかの一つ「き・けり・つ・ぬ・たり・り」の巻をご紹介します。(youtubeのページは、こちらです。)

おおざっぱには、「き・けり」は過去の助動詞(「~た」の意)、「つ・ぬ・たり・り」は完了の助動詞(「~てしまう」の意)と呼ばれますが、文脈の中で、ほかにも多様な用法があって、一筋縄ではいきません。

youtubeの当該ページには、こんな説明があります。

 これらの助動詞は「べし」などに比べると訳しやすいものということになりますが、それ­でも押さえておいた方がよい点は結構あります。「ダブりゃ」というのは、「行きつ戻り­つ」のように「つ」や「ぬ」がダブる時という意味です。また「つ」「ぬ」が「強意」に­なる場合が二通りあることや、その訳し方も確認しましょう。歌詞は次の通りです。


【けり】は 「過去」 タ・テイタ・テキタ
会話や和歌の切れ目では タナア と「詠嘆」
【き】の 「過去」 タ だけ
【り】【たり】ゃ 「存続」 テアル・テイル
テシマウ・(テシマ)ッタ・タ で「完了」
【つ】【ぬ】も 「完了」だが ダブりゃ 「並列」
『なむ・てむ・つべし・ぬべし』など
推量の助動と 組みゃ 「強意」
マサニ・キット・タチマ(チ)・チョウド
命令形も「強意」で
『てよ』と『ね』なら セヨ・シロ


「き」「けり」の用例解説が聞ける人気動画なら

https://youtu.be/VsCi4JxIGdk


「つ」「ぬ」「たり」「り」の用例解説が聞ける人気動画なら

https://youtu.be/21aCQWGCVIo


接続が覚えられる人気動画なら、

https://youtu.be/9XHCS5lgquc


元歌の人気動画なら

https://youtu.be/J0oAnZtRSHU



https://youtu.be/bqfAj6-6iZs


是非ご覧下さい。


昨日の記事で、新しいひな人形を贈られた孫娘が、もうすぎ満1歳の誕生日を迎えます。今日は土曜日で、集まるのに都合がよいと言うことで、誕生会を開きました。

片道60kmの田舎からも、昭和2年生まれの「後期高齢者」である老父が自動車を運転して、老父母揃って参加してくれました。

ご近所の寿司屋さんが、ママの知人なので、無理を言って仕出しをお願いしました。下の写真の立派な寿司セット、これと同じものが2セットです。





赤飯は、老母が炊いて持ってきてくれました。

鯛は、妻が焼きました。



この子がリュックで背負っているものは、おモチです。

1歳の誕生日に、「一升餅」を背負わせるという習わしが、各地にあるようです。私の田舎では、前方の並べた、算盤、筆、書物、、、などのうちどれを選ぶかで、将来の針路を占うというイベントがあるそうです。

孫たちは、それぞれ、そのつどチャレンジしましたが、お餅の重さと、いつもと違う周りの雰囲気の姓で、泣き出してしまうことがしばしばです。このこも、やはり、泣き出しました。



お寿司を食べる頃にはけろりとご機嫌が直り、ケーキのろうそくの火を吹き消す頃にはすっかりご機嫌でした。



きょうはここまで。
nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 37

コメント 6

yakko

お早うございます。
誕生会 ! おめでとうございます !!
by yakko (2016-02-21 09:49) 

kazg

yakko 様
ありがとうございます。
一年で、いろんなことが出来るようになるものです。
by kazg (2016-02-21 20:10) 

majyo

お孫ちゃんのお誕生日おめでとうございます
昭和2年生まれのお父様は私の母と同年齢ですが
車の運転されるのですか! 驚きです
お母様の赤飯も嬉しいですね
お餅を担ぐ。昔ながらの風習が残っていて
大人になったら楽しい思い出になるでしょう

by majyo (2016-02-22 12:11) 

美美

お孫ちゃんのお誕生日おめでとうございます。
昔ながらの伝統を守ってお餅を背負わせる、良いですね^^
私は転勤族だったので子供たちの一歳のときは親元から遠く
お米やお餅を背負わせた記憶がありません^^;
すくすくと元気に成長しますように^^
by 美美 (2016-02-22 18:45) 

kazg

majyo 様
ありがとうございます。
赤飯には、山で採れた栗が入っています。最近は、イノシシに狙われて、人間様の手許にはのこらないのですが、、、。
by kazg (2016-02-22 19:35) 

kazg

美美 様
ありがとうございます。返信したつもりのコメントが、送信ミスでupされていませんでした。失礼しました。
「昔ながらの伝統」に基づくイベント、我が子の頃は忙しく、また父母も郷里を離れて暮らしていましたので、それらしいこともせずに育ち、気がついたら子どもたちもいい歳になっていました(笑)
孫をダシに、楽しんでおります。
by kazg (2016-02-23 02:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA