So-net無料ブログ作成
<

春 其の2 木下透 [木下透の作品]

このカテゴリーの文章は、おおむね、私自身の回想に関わるので、常体(だ・である調)で書くことにする。
木下透は、私の高校時代の筆名である。彼の作品を紹介するのが、この項の趣旨である。
未熟さは、その年齢のなせる業なので、寛容な目で見てやっていただきたい。
今回は、高3の時の作品。「春」という同一の題の詩を、ソネット(14行詩)形式で何編か作ったうちの一つだ。
ブログに掲載するに際して、便宜的に其の2と名付けることにする。


 春 其の二 木下透

 うららかの春の一日(ひとひ)
萌える若草の香を淡く感じながら
私はひとり寝そべっていた
柔らかな空を 二つのかげが ゆうるりと舞うていた

耳元の小川のせせらぎ
――軽やかおまえのささやき
つつましいツメクサの花
――はにかんだおまえの笑み

確かに交わされた約束であるように
私はおまえを――あてもないおまえの訪れを
胸をときめかせて待っているのだ。

私はおまえを知りはしないのだが
おまえは私を知りはしないのだが
ああ それはだれでもいいのだが――おまえ――


 「恋に恋する」という感傷を表現してみた。本当は、意中の「おまえ」はいたのかも知れないが、それはヒミツ。
散歩中、ツメクサの花を探してみたが、まだ蕾も見えない。しもやけたクローバーの葉が、まだ寒そう。

X_5_3680_R.JPG
 
これは何年か前に写したシロツメクサ(白色クローバー)の花。季節としてはもう少し暖かくなってから。
 
0IMGP0055sirotumekusa_0001_R.JPG
 
imgp9733_R.jpg

 
 

ホトケノザは咲いている。

X_5_3682_R.JPG
  ナズナ。別名ペンペングサ。
 
X_5_3677_R.JPGややあ
野菜の花。コマツナかな?
X_5_3673_R.JPG
 
X_5_3698_R.JPG
 びわの花
 
X_5_3667_R.JPG
 
オオイヌノフグリ
X_5_3660_R.JPG
 
X_5_3658_R.JPG
 
白梅
IMGP1567_R.JPG
麦畑
X_5_3689_R.JPG
春は、少しずつ近づいているはず。

 


↓訪問記念にクリックして下さると、励みになります。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

フォト蔵にアップしている私の写真はこちらです。

写真販売サイトにも画像を掲載しています。
写真素材 PIXTA